ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

カッコワルイ。

大雪の日に手紙が届きました。
ちょうど10歳年下の後輩からでした。
その後輩が新卒の頃、夜、一緒に仕事をしていた時
東の窓から満月が見えました。
そして2人で大きなお月様に向かって
手を合わせ『シアワセになれますように』と
お祈りした事があったっけ*
d0008306_1812775.jpg
開いてみると、便せんらしからぬ大きな紙
便せんがないのでチラシのような紙に
ペタペタと子供のスタンプを押したとか
それも子供達が雪祭りに行っている間に

読んでみると
3人子供を続けて生んだ彼女は
日々の生活で精一杯で
彼女の表現では軟禁状態と。
ついこの前まであった夢見る気持ちも薄れ
旦那様からは「子持ちのオバさんなんだから
若い頃と同じでいるのはおかしい」と。
でももう少ししたら子供が幼稚園に入るので
そしたらたくさん行動するんだと。
彼女から見れば私には莫大な自由があります。
で、そんな私に羨みの念を抱いた手紙ではなく
こんな私に
「かわいらしく素敵な先輩でいて下さい。
旦那様と仲良くして、かっこよくいて下さい。」
なんともかわいらしい手紙でしょう。




我が家の実態を教えましょう
先週末の夜、寝る直前に夫が
カセットテープを巻き戻してます。
私はi-pod♪
入眠のBGMでしょう。
聴こえて来たのはシンジラレマセン!
内山田洋とクールファイブの曲でした。
私!ビックリして目が覚めました。
『お願いだから止めて』と言っても
「聴いているうちに好きになるよ」と。
d0008306_18112499.jpg
内山田洋とクールファイブが悪いわけではありません。
前川清が嫌いなわけではありません。
私と同じ年で、全く同じ時代を生きて来たのに
内山田洋とクールファイブの曲を聴いて寝るのが
心地よいと思うその感覚の違いです。
私は怒っているのになぜか
可笑しくて可笑しくて
笑い声を発したことのない夫もさすがに
つられて肩をふるわせて笑っています。
ウチにも笑いがありました

カワイイ後輩よ*
うちは決してカッコ良くないのだよ。
王子と呼ばれつつも変なオヤジと
私は暮らしているのですよ。

会える日を楽しみにしています。
でもPCも開くヒマないんだったね。これ読めないね。

[PR]
by fuchsia0801 | 2008-02-18 18:59 | 日々の出来事
<< ラナンキュラスと羽衣ジャスミン 私にも焼けた* >>