ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

忘れられないシク村の思い出


今回の記事は写真が少ないので
文章が長いです。スミマセン。
d0008306_14414895.gif
前日にシク村行きのバス停を見つけられなかったので
この日は気合いを入れ直して
まずはホテルのお兄さんに
バス停を見つけられなかったことを説明したら
お兄さんがバス会社に直接電話を入れてくれて場所確認
そして「そこまでタクシーで行くなら
タクシーのドライバーさんに頼んであげるよ」と言ってくれて
無事にシク行きのバス停に到着
日本では考えられないけれど
スーパーの駐車場の片隅にワゴン車が停まっているだけです。
見つけられるはずがありません。でももう大丈夫。






d0008306_15192234.gif
出発するときは汗が流れるくらい暑く青空。
でもシク村に着く直前から空模様が怪しくなり
バスを降りる時、同乗していたシク村の
おじさんが私たち日本人に「フェスティバル!フェスティバル!」
とバス停の向こう側を指差します。
あーー、やっぱりお祭りやってるのね。と
そのお祭り会場が見当たらず。教会の周りを一周。
雨の中、歩き出したのが間違いでした。
歩くうちに豪雨と突風。
前が見えなくなり、元の場所に戻る頃には
激しい雷、そして雹(ひょう)まで降り始めました。
雷がなっている時は「しゃがんで!しゃがんで!」と
背の高い夫に叫び
雹が降り始めた時には呆然としました。
本気で命を落とすかと思いました。
これが大気が不安定?山あいの村だし。
全身びしょぬれでぐじょぐじょでした。


d0008306_15302446.gif
その日はぺらぺらの洋服にカーディガンを羽織っただけの軽装
誰も見てないやとブラウスを脱ぎ雨を絞り
スカートはさすがに脱げなくて履いたまま絞り
やっとココロが落ち着いた頃、雹の動画(instagram)を撮って
この写真を撮りました。
せっかくのお気に入りの帽子もグニャグニャに(汗


d0008306_1534469.gif
雨の中、フェスティバル会場を見つけられなかった
私たちは雨が上がってから出直し。
なんと会場はバス停のすぐ裏でした。
私たちが入った時はものすごい雨と雹の後で
すでにお祭りの屋台は店じまいし
民族衣装を身にまとった村人たちはいませんでした。
きっとこの会場で、民族衣装を身にまとった村人たちが
音楽に合わせてこのように踊っていたのでしょう。
たくさんの楽器も置いてありました。


d0008306_173026.gif
その会場に飾ってあった
シク村特有の民族衣装の写真


d0008306_1742746.gif
そして村のおばあさんが作るグヤーシュを
その会場で食べられました。これだけです、救われたのは。
大雨ですったもんだしていたので時間はどんどん過ぎ
ボランティアのスタッフさんの休憩時間と
重なるくらい終わりに近い時間になりました。
そしてやっとの思いで着いたシク村では
この雨のせいで村の中の散歩も出来ず
すぐ帰りのバスの時間となりました。
そして出発までのバスの中から見た光景は
お葬式の列でした。
男性がブルーのベスト、つばの狭い麦わら帽
たくさんのお花に包まれた大きなトラクター
そして黒いエプロンをした昔ながらの衣装の女性たち
ゆっくりと教会から出てきました。
なかなか出会えない光景なので写真に収めたかったのですが
さすがに不謹慎かなと思い、シャッターはきりませんでした。
なので、、あんなに苦労したシク村なのに
写真は雨と雹の写真だけ(汗
また絶対にチャレンジしたい!
夫は及び腰(移動時間が長いので)。


d0008306_17295138.gif
シク村に行く前
午前中に行ったクルージナポカの丘の上の要塞


d0008306_18163611.gif
斜面にあったステキなカフェ
そこでもおいしいフレッシュオレンジジュースを飲みました。


d0008306_17342360.gif
街中では
トランシルバニア地方に大昔
ドイツ人がたくさん住んでいたせいなのか
パン屋さんにはプレッツェルがたくさん置いてあります。
そしてオイシイです。
1ヶ120円くらい。


d0008306_17404719.gif
小さめのプレッツェルが束で
売られていてこれは100円くらい。
もっとたくさん食べればヨカッタナー。


d0008306_17431185.gif
ホテルの隣に大きなスーパーがありウロウロ
シリアル付きのヨーグルトを見つけて
いいなー♡日本にも売っているのかなーー?
その後23時のバス時間まで時間を潰すのに
ホテル内のレストランで夕食を食べて
トイレのことを気にしつつ早いうちに黒ビールを飲んだり
温かいスープを飲んだりして
何を食べたか忘れたけど
夜行バスなので体を冷やさないよう
申し訳ないなと思いつつも22時過ぎまでゆっくりしました。


d0008306_17521548.gif
夫はカイロをしてパジャマのズボンの上にジーパン
ワタシもバルーンスカートの下はリラコを履いて
トイレ対策のために保温して夜行バス乗車。
ルーマニアとハンガリーの国境付近では
パスポートの検閲があり
帰りは一時間以上待たされました。
そこで目が覚めたのでしばし車窓を眺めていたら
とてもキレイな星空と三日月でした。
写真に撮れなくて残念でしたが
北海道に住んでいてもなかなか見られない星空でした。
そして8時間以上乗って到着したバスターミナル。
ブダペスト、ネプリゲート駅の真ん前。
早朝だったのでこの駅で朝の身支度、
そして駅構内にはたくさんパン屋さんがあるので
朝食も摂りました。
バックパッカーのような
いつもと違う旅をしていた私たちでした。


つづく













[PR]
by fuchsia0801 | 2014-09-21 18:21 | 2014旅行 | Comments(7)
Commented by ビアンカ at 2014-09-23 14:21 x
海外で豪雨、雷、雹に見舞われるとは、大冒険でしたね(@_@;)
しかし「また絶対にチャレンジしたい!」というお言葉に、私も強くならな
きゃ、と急に思いました。頑張ります、色々と。

キレイな星空をご覧になれたんですね。
北海道の星空が一番きれいに違いないとずっと思っていました。
岩見沢の夫の実家に冬に訪ねたこともありましたが、手が届きそうな
星空に感動しました。雪道の運転に不慣れな夫がなかなか冬には
行きたがらないんですけど、もう一度きれいな星空が見たいなぁと
度々思い出します。


Commented by himeizui at 2014-09-23 17:34 x
晴れ女の cafe blancさんも地球の気候変動には、かないませんでしたか・・・
それにしてもヒョウまで降るとは大変でしたね(^^;
今年はルーマニアにも出かけられたんですね
地図を見ないと場所がおぼろげですが、ガイドブックには
載っていない風景やスーパーに売っているものなど
楽しく拝見しています
私も旅行先では、市場やスーパー巡りをしますが、
意外と掘り出し物がありますよね
つづきも楽しみにしています(^^)
Commented by fuchsia0801 at 2014-09-23 22:24
ビアンカさんへ
「また絶対にチャレンジしたい!」
何気無く書いたのに、そうですか!
ビアンカさんのココロを動かしましたか?!
そうなるとワタシも決心がつきました。
来年、必ずとは言えないけど2年後くらいには絶対にチャレンジします。
ありがとう〜ビアンカさん♡
ビアンカさんの「色々」にも興味津々(笑

ここ数日は札幌も暖かいです。
岩見沢は雪の多い街なので心配ですよね。
ワタシも冬は大嫌いだもの。
全国天気予報では分からない時は情報をお伝えしますので
どんどんワタシを利用して下さいね。
Commented by fuchsia0801 at 2014-09-23 22:33
himeizuiさんへ
そうなのよー〜〜さすがのワタシも完敗でした。
ちょうど礼文や広島の土砂崩れの時と同じ時でした。
ルーマニアのスーパーはそんなに魅力的ではなかったけど
スーパーがあるとウキウキしますよね。
himeizuiさんの「つづきも楽しみにしています」
その一言で次も頑張れそうです。
(褒めれば伸びるタイプ<ワタシ;;)
ありがとう♡
Commented by nao-lee at 2014-09-25 10:37
こんにちは〜
楽しく拝見しています。
こちらでは、その地域の雰囲気をすてきな写真とともに
たくさんいろいろな情報がわかるので、さすが!!と思って読んでいます。
いつかいきたい。。。相方の飛行機嫌いが直らないかしら?
旅先ではいろんなことが起こりますね。
それが、思い出となりますが〜
なかなかたどりつめない村。
思いは募りますね(笑)
私も、楽しみにしています〜〜♫

Commented by fuchsia0801 at 2014-09-28 17:05
naoさーーーん
コメントありがとうございます♡
今年の旅はそんなこんなで
ちょっと不完全燃焼だったのですよ~_~;
お買い物もいつもはお店やさんで来るくらい
たくさん買ってくるのに、今回はちょこっとだけ。
海外旅行に行けるのも若い時だけなので
naoさんも相方さんを引っ張りだして!!
きっと一回行けば、ハマるのにね^ ^
Commented at 2014-11-25 01:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< バルトの国:リトアニアへ 初めての国ルーマニアへ >>