ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

初めての国ルーマニアへ


毎年恒例の我が家の夏の旅行
普段は会話も弾まず、盛り上がらない我が家ですが
旅行の時だけは二人で力を合わせます(汗/笑
d0008306_18155053.gif
今回は行ったことの無い国
ルーマニアへ





d0008306_1825365.gif
今回の旅は移動時間に多くを費やしました。
まずヘルシンキ(フィンランド)→ブダペスト(ハンガリー)
夜行バスでブダペスト→クルージナポカ(ルーマニア)
夜行バスを選んだ(飛行機が無い)のでホテル代は浮きますが
疲れが取れないということで
一日目ブダペストに20時に着いて23時の夜行バスまで
シャワー&休憩のためにホテルをとりました。
約2時間のために。夫の強い希望にて> <;
薄暗い中まずホテル探しから。
そして発見したけどよく外国で見る
大きな扉にインターフォンがあり
暗い中、何度押しても、応答が無く開かない。
約30分すったもんだしているうちに住人のおばあさんが通りかかり
一緒にやっと入れました。
そしてバスの時間まで休んで23時にバスは出発。
7時間も乗るのにトイレタイムは1回きり。
トイレの近い私たちは水を控え体を冷やさないように努めました。
そしてこの写真が夜行バスのトイレタイムの時です。
当然のごとくワタシと夫は一目散にトイレに走りました。
しょっぱなから長くなりました(汗


d0008306_18464775.gif
朝7時に目的地、クルージナポカに到着。
7時だけど宿泊予定のホテルに行って
荷物を預け、テラスで朝食を摂りました。


d0008306_2038643.gif
まずは市内を散策
聖ミハエル教会


d0008306_2228578.gif
教会の周りには小さな出店が出ていたけど
思ったより少なくて残念。
週末だと多いのかな。


d0008306_18484091.gif
そしてすぐcafe time
フレッシュ オレンジジュースがおいしかった!


d0008306_20414452.gif
トランシルバニア民族博物館
コチラにはインフォメーションも併設しているので
そこのお姉さんに色々聞きたかったのに
片言の英語も出来ず、なんとPCの翻訳機能を使って
英語→ルーマニア語に翻訳して会話
同じアップルのPCだったので使えましたが、、。
日本人のほとんどが英語が出来ないのと同じですよね。


d0008306_222712.gif
そんなに大きな街ではなかったのですが
すてきなお店もありました。


d0008306_2225533.gif
お昼から郊外に出る予定だったので
急いでサラダとビールでランチ。


d0008306_20462760.gif
お昼からはイズヴォル クリシュルイへ
クルージナポカから西に45km、バスで移動
国道沿いに刺繍や籐製品の民芸品店が何十軒も
軒を連ねています


d0008306_20545318.gif
バスを降りてすぐ入ったお店の
おばさんは豆の処理をしていました


d0008306_2057543.gif
こんな風にイラーショシュと言われる
トランシルバニア特有の刺繍を店先でしています


d0008306_20584237.gif
このプリーツのスカートはこちらの
民族衣装の一つのようです。


d0008306_2223210.gif
民芸品店を一通り見た後は
丘の上にある教会まで散歩しようかと歩き始めたら
道路を渡ってカワイイ♡ワンコが突然登場し
この人なつっこさ


d0008306_215647100.gif
私たちの先頭を歩いて教会まで誘導してくれるではありませんか


d0008306_143841.jpg
あいにく、教会の扉は閉まっていて


d0008306_227213.gif
丘を下りる時にワンコを見失いました。
そして村の中を更に散策していたら
ひょっこりまた出て来て一緒にお散歩。


d0008306_2291250.gif
その散歩中、遠くから見て
オブジェかと思って眺めていたら
近くで見て分かった本物でした。
コウノトリの巣!


d0008306_22104497.gif
小さな村にある小さなよろず屋さん。
お肉もあれば、生活雑貨も置いてあります。
ちょうどおばあちゃんとそのお孫さんが
お買い物に来ていてアイスを買ってもらっていました。
いいなーーこの雰囲気。


d0008306_22125712.gif
またワンコを見失い
更に村を散策。
裏道ではこんなおばあさんが自分が作った物を売っています。


d0008306_22135568.gif
こちらのおウチの塀にも刺繍のクロスがいっぱい。


d0008306_22161137.gif
さて帰りのバスの時間。
バスの時刻表があるわけでもないのです。
近くのお店のおばさんにバス停の場所を聞いて
時間も書いてないのでまた聞いて。
心配なので早めにバスを待とうかとバス停に行ったら
さっきのカワイイワンコが待っていてくれました。
ホントに可愛くて連れて帰りたかった♡


d0008306_22184218.gif
トランシルバニア地方は丘陵地帯です。
バスの車窓から撮ったバスが停まらないような
山間の村々
今度はこういうところにも足を伸ばしてみたい。
バスも列車も無いけれど。




[PR]
by fuchsia0801 | 2014-09-16 22:29 | 2014旅行
<< 忘れられないシク村の思い出 大好きスウェーデン(3) >>