ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

レンターカーでダーラ・フローダへ


昨年もダーラナ地方に滞在しましたが
その時、宿泊出来なかったプチホテルを
今回は予約することができました。
d0008306_1515616.gif
+Värdshus Dala-Floda+





d0008306_1152539.jpg
リガからスウェーデンのアーランダ空港に下りて
アーランダ空港の地下から列車でボーレンゲに移動です。
お年寄り率が非常に高く、発車してからも
みなさんスローで、なかなか席に着いてくれません。
みなさん、北に向かってどこに行くのでしょう?
温泉?登山じゃないですよね?


d0008306_120136.jpg
列車のチケットは事前に日本で予約しました。
予約して正解でした。ほぼ満席でした。
列車は2等車なのにコンセントがあって
i-phoneの充電ができてとても便利でした。


d0008306_1225540.gif
↓ここから少し長いです(汗
そして今回、最大の試練?チャレンジ?
レンタカーを運転することです<夫が。
まず、ボーレンゲ市内のレンタカー営業所を
探さなければなりません。
小雨降る中、少し、迷いました。
そして手続きは問題なく終わったのですが
いざ、乗ってみると久々のマニュアル車にて
ギアチェンジがスムーズにいきません。
いきなり道路には出ず、
慣れるまで敷地内を何周もして分かったのですが
今度はどうやってもバックにギアを入れられません。
そして、私は聞いた方が早いよと
レンタカーのお兄さんを呼んで来て
教えてもらいました。お兄さん、ちょっと呆れてたかも(笑
ボーレンゲからダーラフローダまで移動するには
地図だけでは私たちでは無理なので
ナビはi-phoneで海外ローミングをonにして使いました。
ナビはとっても賢くて指図してくれるのですが、、
運転の方は、、ロータリーを突破するという試練です。
ダーラフローダに向かうE16という大きな道に出なければ
ならないのに、ロータリーに入ってもコツがつかめず
行きたい道に出られないのです。しかも慣れていない右走行。
一回目はなかなか出られず、手に汗握る夫。
で間違って入ったところにちょうどコンビニがあったので
そこに停まってココロを落ち着かせるために
オランジーナを買って来て糖分を補給しました(笑
それから再び、チャレンジ、Go!です。
それからは順調にドライブができました。
私はのんきに写真を撮ったりしてましたが
夫は最後まで必死だったと思いますよ。


d0008306_13232791.gif
そして村に入って
ナビ通りに進んで行くと
見えてきましたホテルの看板が。


d0008306_13292085.gif
こちらの黄色い門の前に到着しました。
安心したのもつかの間、、
今度、荷物を下ろそうとトランクを開けようとしても
開かない、、、ドアが開いているのに開かない。
取説書を読んでもスウェーデン語だし、、
こんな単純なことなのに分からない、、
ホントに汗汗大汗です。
で、、ホテルに居たメードさんまで来て
あちこち作動バーを探したり押したり引いたり、、
そしたら〜何と単純!キーを向けてピッとさせるだけでした。
ハズカシ====。


d0008306_13384722.gif
この門を通り


d0008306_13423158.gif
緑の中庭には
たわわに実るりんごの木がたくさんあって


d0008306_13444789.gif
のちに私たちが借りる自転車があり


d0008306_13461060.gif
白いガーデンチェアーもたくさん!


d0008306_13482266.gif
緑のアーチの前には何気なく置かれた
アルミのじょうろ。


d0008306_13391840.gif
そのアーチをくぐって


d0008306_13404051.gif
この水色の玄関から入ると
オーナー夫妻に迎えられ
チェックインしました。


d0008306_1475128.gif
まずはダイニングを通って


d0008306_1482346.gif
Rips織りを敷いてある階段の横を通って

d0008306_14183766.gif
私たちの部屋へ


d0008306_14191788.gif
すごく狭いのですが
窓辺にはダーラへストが飾ってあったり
窓からは緑いっぱいの中庭が見られます。


d0008306_1491053.gif
すぐそばの大きな部屋には
タペストリーが掛けてあって
“オークレッド”といって、
昔馬車で人が移動する時に
身を包んだ布だそうです。


d0008306_1421384.gif
ほかの空き部屋も見せて頂きました。


d0008306_14222746.gif
すべて違う装飾で
どの部屋も魅力的でした。


d0008306_14225041.gif
よく雑誌で使われているお部屋は
どこだったのかなーーー?


d0008306_14254061.gif
夕飯まで周辺を散歩しました。


d0008306_14273924.gif
小さな小さな村ですが
かわいいおウチがたくさんありました。


d0008306_1428186.gif
周辺を散策するよりも
敷地内の方がとっても魅力的でした。


d0008306_14302162.gif
母屋


d0008306_14305145.gif
その窓の下に咲くお花も
カラフルでそれがまた映えます。


d0008306_156214.gif



d0008306_14314162.gif



d0008306_1432926.gif



d0008306_14322653.gif



d0008306_14331989.gif



d0008306_1433272.gif



d0008306_1434374.gif
私たちが宿泊したお部屋は
この2階部分です。


d0008306_14353181.gif
夕飯の時間


d0008306_14355682.gif
ブルスケッタ3種


d0008306_14365564.gif
クネッケはいい気になって食べていると
お腹が膨れてきます。


d0008306_14362495.gif
バターナイフは必ずこうやって突き刺さってきます


d0008306_1436999.gif
メインは鱈の料理。
家庭料理という感じでした。


d0008306_14371549.gif
デザートはベリーのタルトでした。
ベリーは黄色いベリーで
和名はホロムイイチゴというらしく
ホロムイって幌向?札幌からすぐのところだー。

その夜は、レンタカーの一連を思い出して
ふだん笑わない夫も珍しく笑ったあと
しとしとと降る雨音を聞きながら眠りについたのでした。

たくさん写真があってー、
選んだり、加工したりけっこう時間がかかりました。
こういうところでも集中力が無くなってるぅ===(涙


+つづく+










[PR]
by fuchsia0801 | 2013-08-20 14:54 | 旅行
<< ダーラ・フローダで迎える朝、そして。 ラトヴィア・リガの一日。 >>