ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

今年もハンガリーへ*


お盆が過ぎて、夏の疲れが出る頃に旅に出て
戻ってきたら、、予想外の残暑が待っていました。
旅の疲れに更に追い討ちをかけるのか。
まだ、夏を満喫できるので良いよしましょう。
しかし、、暑いですね。
ハンガリーも暑かったけど。
d0008306_16254476.jpg
私たちは同じところに何度も行くという
幅の無い、、だからといって奥行きの無い旅が
得意のようで、、3年連続ハンガリーです。





d0008306_16302664.jpg
ヘルシンキ経由でブダペストに着いたのが8時過ぎ。
荷物を置いてすぐ夕食へ。
ホテルからすぐのリスト広場には
どのcafeを選ぶか迷うほど
たくさんのオープンカフェが並んでいます。
私たちの定番メニューはツナサラダとビールか白ワイン。
各国のツナサラダを食べ比べるのも楽しいものです。
パラソルがオレンジだったので全て画像がオレンジになり
ツナサラダの画像無し。


d0008306_16385458.jpg
お約束〜ホテルのお部屋。


d0008306_1639246.jpg
ハンガリーは物価が安いので
1LDKのお部屋でもかなりリーズナブル。


d0008306_16391014.jpg
でもでも、、、ナマケモノの私たちは
一部屋で何でも出来る方が楽でイイね。と。


d0008306_16293387.jpg
キッチン付きにて朝食は自分で調達。
以前から気になっていた平たい桃をついに購入。
まあるい桃と同じ味で、甘くてオイシカッタ!


d0008306_16445429.jpg
ブダペスト1日目、一番の目的は
ペトゥフィーの青空市。


d0008306_16455796.jpg
私はクロス類さえ見られればいいのです。
ハンガリーに行って一度も
ヘレンドの食器を見に行かないバカ。興味ないの。
でも持っているけどね(笑


d0008306_16474932.jpg
いつものおばさん(画像無し)のところに行ってご挨拶と
少しお買い物をして
他のお店もチェック。こちらのおばあさんに会うのは
今年初めて。以前、似た感じのおばあさんが売っていた
刺繍のクッションカバーが気になるけど、
持っていませんでした。残念。


d0008306_16512648.jpg
こちらのお店はtopのお皿の画像と同じお店で
お皿が気になったけれど、、予定外にてぐっと我慢しました。


d0008306_16554481.jpg
このクマも気になりました。


d0008306_1653264.jpg
青空市のある公園を抜けて
次の目的地へ、、
その途中に出会った大きな教会の前にいた子供ちゃん。
数枚写真を撮りましたが犬だけが全てカメラ目線でした(笑


d0008306_16562879.jpg
お昼はホテルの近くのNew york cafe
1894年に産声をあげたカフェだそうで
開店当初は世界一豪華なカフェと称され、文化人などに大人気だったよう。
激動の20世紀の歴史の渦に巻き込まれ閉鎖されていたカフェが
2006年に蘇りました。
説明通り、本当に豪華なカフェでした。
物価の安いブダペストですが
値段も豪華でびっくり(汗。


d0008306_1743883.jpg
レモネードと白ワインと軽食を頼みました。


d0008306_176199.jpg
そして、、次の目的は、、
この戦争直後のような地下鉄や電車を乗り継いで


d0008306_177353.jpg
ブダペストから30分
Erdという小さな小さな街。


d0008306_1781094.jpg
昨年も会いに行ったおじさん宅に
失礼とは思いながらもアポ無し訪問です。
留守中だったらどうしようかと思いながらも
チャイムを鳴らす。
2回目のチャイムで奥さんが出てくるが、、
リアクションが小さく「ちょっと待ってね」と言う。
そしてもう一度出てきてくれました。
私たちの顔を確認したとたん、一年ぶりの再会に
歓喜の声をあげ熱い抱擁!!!
お昼寝していて、
目が覚めていず私たちだと分からなかったようです。


d0008306_1714938.jpg
突然の訪問にも関わらず
お家に入れて頂き、お茶の時間を一緒に過ごし
たくさんおしゃべりをしました。
おじさんの先祖はルーマニア人だそうで
「来年はルーマニアで待ち合わせをしよう」とも
提案されました。


d0008306_17183938.jpg
手作りのトマトジュースもごちそうになったり


d0008306_17191972.jpg
翌日の朝食のための買い物をするのに
早く帰ると言うと(日曜は18時でどこも閉店)
朝食まで持たせてくれたり、、大変お世話になり、
「今年一番のサプライズだ!」と言われました。
その後、駅まで送って頂き、さようならの挨拶をし
また30分電車に揺られブダペストに戻りました


d0008306_1738441.jpg
ブダペストに戻った後は
初めて行った時のホテルのすぐ近くのレストランが
郷土料理がとても美味しかったので
今回もわざわざ行きました。


d0008306_17293774.jpg
今回はマシュルームの肉詰め。
これは美味しいです。
巨大だし(笑。


1日目は無事、計画を全うし終わったのでした。







[PR]
by fuchsia0801 | 2012-08-27 17:31 | 旅行
<< 聖イシュトバーンの日に 我が家の夏休み。 >>