「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

リヨンの朝は


フランス、シャルル ド ゴールに18時10分に到着、
パリ・リヨン駅からTGVに乗ってローヌ地方のリヨン駅に
到着したのは0時少し前。
駅からほど近いホテルに徒歩で移動。
予約した時は格安だし、
駅の近くだから東横インみたいなホテルかと思ったら
シンプルだけれども満足度の高いホテルでした。
そしてスタッフさんがとても親切。
d0008306_18105327.jpg
そしてフランス一日目の朝は
起きてすぐ、、中心部のパン屋さんへ。
フランスの朝はやっぱりパンを買いに行かなければなりません(笑






d0008306_18312939.jpg
フランスではポールのパンはチェーン店で
何処にでもあるようですが
私には十分美味しいです。
リヨンの朝は暗くて寒いくらいですが
パン屋さんの前にあるテーブルで朝食です。


d0008306_19275090.jpg
朝食後、一度、ホテルに戻る予定でしたが
どんどんお天気がよくなるので
そのまま散策へ。
ソーヌ川越しにみるサンジャン教会


d0008306_19411483.jpg
新市街のソーヌ川沿いには
毎日マルシェが立つようです。


d0008306_1940826.jpg
はちみつやさん
もちろん買いました(笑
「どんなお花のハチミツですか?」と尋ねたら
『 All flowers !』なんともアバウトなお答え。


d0008306_19453669.jpg
「うちのぶどうで作ったワインだよ!」と
声をかけられました。


d0008306_1946535.jpg
アンティークと言うのか中古と言うのか、、
そんな椅子が売られていて
日本の業者さんとかはブロカント(蚤の市)やこういうところで
安く仕入れてお高く販売するのだろうな〜〜〜と
夢のないことを考えてしまった。



d0008306_19485663.jpg
ワンちゃんも飼い主さんと一緒に品定め。


d0008306_1951143.jpg
橋を渡って旧市街に移動。


d0008306_19524789.jpg
たくさんレストランがあって


d0008306_1957154.jpg
真夏には大勢の、、


d0008306_1957459.jpg
観光客で賑わっていたのだと思います。


d0008306_19581877.jpg
そしてフルヴィエールの丘へ
日頃の運動不足を痛感する体の堅さと重さと疲労感(汗


d0008306_2053632.jpg
丘の頂上に着いたら
「ヒ=ハ〜」状態で、、、すぐビールで休憩でした。


d0008306_2084175.jpg
そしてビールのあとはすぐ
ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂の隣の
景色がとても美しく見えるレストランへ


d0008306_209954.jpg
テラス席はすでに予約でいっぱい。


d0008306_2013528.jpg
前菜
ジャンボン・ペルシエ


d0008306_2016483.jpg
メイン
蒸し鶏のクリーム煮


d0008306_20164970.jpg
デザート
蒸し焼きプリン


d0008306_20173011.jpg
そして食後には上ってきた坂を下りました。


d0008306_20191959.jpg
再び、サンジャン地区を散策して


d0008306_20205372.jpg
そして新市街に行き
ちょっと事情があって下着や化粧品の売っているお店を探す。
フランス第二の都市だと言うのに
なかなかそういうお店が見つからず、、何度尋ねたことか。
そんなお店を探している合間に、、


d0008306_2025829.jpg
好みの被写体があればパシパシと。


d0008306_2026158.jpg
さすがに早朝から歩き続けたので
疲労度もピークに。。
そして一休みしてから
食の街であるリヨンで夕食を、、。
名物〜リヨネーズサラダ←そのまんま。


d0008306_2028319.jpg
こちらも名物
自家製ソーセージ〜アンドウィエット


d0008306_20294119.jpg

魚のすり身で作るクネル
もちろんリヨン名物。


d0008306_20315263.jpg
そして翌日も早朝ポールの前で
寒くても朝食です。


d0008306_20361293.jpg
そしてボーヌへの移動時間まで
リヨン中央市場-ポール・ボキューズへ
とても近代的なきれいで大きな市場でした。
↑生ハム屋さん


d0008306_203948100.jpg
だいたいのお店にはレストランが併設されていて
そこの商品とワインをそこで味わえます。


d0008306_20375488.jpg
こちらはトリュフのお店。


d0008306_20382358.jpg
エシレバターもたくさん!
安い!


d0008306_20433822.jpg
そして12時頃の列車に乗って次の目的地
ボーヌに向かうためにリヨン駅に。
駅に入るとすごい混雑です。
出発案内が出ているモニターを見ると
私たちが乗る列車が最初あったのに消えました。
北に向かう列車がことごとく消えていきます。
さすがに心配になってインフォメーションに行くと
(そこに着くのにも大混雑で!大変でした。)
「No train ! 」あとはアナウンスを聞いて!とジェスチャー、、
他の人たちは民族の大移動みたいに
どんどんどこかに移動していきます。
フリーで動いている私たちは不安で不安で
次の策を考えなければなりません、、じゃ、バスで移動??と
バスターミナルをやっと探し、そこのお姉さんに英語で聞くと
仏語しか喋りません、、、それを見ていた他のお客さんが
仏語で通訳してくれて通じたのですが
「遠すぎて行きません!!」と。真っ青。
大混雑の駅の中を行ったり来たり
1時間くらい経ったでしょうか、、
荷物番をしていてくれた仲間のところに戻ると
「たった今、掲示板にボーヌ行きが出たよ!!」と
さっそく表示された「E」ホームへ
同じくそれを待っていたお客様も大移動。
やっと列車に乗って、それでも心配で
座席の向かいのお姉さんに「この列車はボーヌに行きますか?」と
確認してあとは出発を待っていたら
また、、、アナウンス。みんなクスッと笑います。??
またそのお姉さんに聞いたら「F!」と。
ホームが変わったようです。
その時の写真が↑です。
そして私たちは無事にボーヌ行きに乗れたのでした。


そして最大のピンチのことは
今日は長くなったのでまた次回書きますね。





[PR]
by fuchsia0801 | 2011-10-14 18:27 | 旅行
<< ボーヌにて あちらはもっと秋でした* >>