ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

なぜか*道東


11日間の長旅?から戻って来ました。
比較的天気に恵まれ、道東の美しさ、美味しさに
どっぷりと浸かり気持ち良く戻って来た、、、
つもりでしたが戻って来た日より腹痛、頭痛に襲われ
救急車??と脳裏をよぎるくらい不安な状況もありましたが
ただの食べ過ぎか?お腹の風邪か??
一応回復して、3連休の初日、これからまた出かけます。
d0008306_9171017.jpg
根室港近くで見た夕陽




d0008306_2123645.jpg
清水町のご当地グルメ
'十勝清水牛玉ステーキ丼’
ルール
地元産の鶏卵を使用
鶏卵の調理方法「味噌味ふわふわスクランブル」
地元産の肉用牛『十勝若牛』(ロース)
ステーキ肉の味付けは、協議会指定レシピに基づいた「味噌味」
ステーキ肉は、サイコロ状にカット
北海道米を使用 協議会指定の白い卵型どんぶり
料金は1,000円(税込)以下



d0008306_2134848.jpg
釧路市ではなくて
釧路町の南蛮酊
ザンたれ丼
北海道では鶏の唐揚げの事をザンキと言います。
それにタレがかかったもの。



d0008306_2150100.jpg
釧路 フィッシャーマンズワーフにて
'さんまんま'
道東産秋刀魚を、食べやすいように骨を取り除き
秘伝の醤油ベースのタレに漬け込み
その秋刀魚と、北海道産米ともち米をブレンドした炊き込みご飯に
さっぱりとした風味をかもし出す大葉を挟み込んだものを、巻いて
焼き上げています



d0008306_2154234.jpg
くしろ湿原ノロッコ号に乗って
釧路湿原の側を通って42分の旅


d0008306_2162254.jpg
車内は湿原側にメインの椅子が
配置されよく見えるようになっています。


d0008306_2173192.jpg
釧路湿原駅


d0008306_2175675.jpg
釧路川は上流と下流の高低差が少ないため


d0008306_2110862.jpg
ゆっくりゆっくり流れるそうです。


d0008306_2185657.jpg
湿原の上には広がる青空
ぽっかりと浮かぶ雲。


d0008306_21104693.jpg
JRか車掌さんがクリアに
写っていたら
JRのポスターに使ってもらったのにな(笑


翌日は
d0008306_2112128.jpg
創業明治七年のお蕎麦屋さん
'竹老園'へ


d0008306_2114210.jpg
茶蕎麦よりも
どーしても年代物のせいろに目がいきます。


d0008306_21145619.jpg
おススメの’かしわぬき’
かしわが抜かれているのではなく
蕎麦が抜かれている事を’ぬき’と言うのですね。


d0008306_21165969.jpg
釧路から根室に移動途中にある浜中町。
浜中町の牛乳はハーゲンダッツやカルピスの原料としても使われ
一般の乳製品より1ランク上の品質らしいですよ☆


d0008306_21202366.jpg
生まれて初めて行った根室。
そう、北方領土の問題で時々、大臣が視察にいく町です。


d0008306_21215827.jpg
お正月のお餅を買うために
バイトをしに行ったという噂もありましたが(笑


d0008306_21243573.jpg
バイトしていたのは
こちらです↑(ウソ
新巻鮭の加工場です。
お正月用の鮭ですね。


d0008306_21275524.jpg
その工場の前はすぐ海で
夕陽を見ました。


d0008306_21293214.jpg
ちゃんと最後まで見送りました。
ずっと夕陽に向かっていたので
しばらくオレンジ色の残像が消えませんでした。
こんな美しい夕陽を見たのは生まれて初めてだと思う。
バシバシと撮っていた割には
この方向がどちらに向いているのかも理解していず
帰って来てから地図で確認(汗


d0008306_21314573.jpg
夕陽を見た後は
市内を散策しながら
この町でもご当地グルメ
’さんまロール’
ルール
・根室産の棹前昆布は、甘酢(酢1、水1、砂糖1の割合)で味付け
・シャリは、北海道産「ななつぼし」
・具材は根室産サンマ、北海道産の大葉とネギ、白ゴマ
・大きさは縦3cm×横4cm×長さ18~20cmを目安
・醤油は、「はぼまい昆布しょうゆ」を使用
・価格は、1本840円(税込)、1カン105円(税込)

絶品でした☆
私は何度、「美味しい!!」と発した事でしょう。


d0008306_214434.jpg
厚岸の道の駅にて
生ガキ'かきえもん'


d0008306_21445283.jpg
'弁天島丼'
とろろ昆布の上にタレにつけたカキの天ぷら。


d0008306_2147458.jpg
釧路の回転寿司屋さんの
いくらの軍艦巻き


d0008306_21474966.jpg
確か、鮭のアラ汁


d0008306_21483254.jpg
根室の回転寿司やさんにて
タラバガニの外子


d0008306_21491636.jpg
タラの三平汁


最後に
d0008306_21494342.jpg
日本最東端、納沙布岬
ここからは7km先に一番手前の北方領土の一つがすぐ見えます。
ロシアの巡視艇もすぐそこに見えます。
北方領土の件に関しては人ごと事のように思っていましたが
こんなに近いことを実感して少し、考え方が変わったかな。


まるで道東の美味いもの巡りのリポーターみたいですね、私(笑
竹老園のお蕎麦は3回
さんまんまは2回
厚岸の牡蠣は2回行きました。
こうやってまとめてみると
帰って来てお腹が痛くなるのも不思議ではないなと
思いました(汗
ただ言える事は初めての道東は
(厳しい季節は経験していないけれど)
美しく美味しかったのは確か。
鶴にも何回か遭遇〜それにも感激☆


[PR]
by fuchsia0801 | 2010-10-09 09:07 | 旅行
<< 先日の*3連休 秋*満喫 >>