ブログトップ

cafe ‘blanc’

fuchsia08.exblog.jp

'10 今年のストックホルムの過ごし方(3)


今日も蒸し暑い一日、でも
吹くそよ風の芯には秋の気配を感じました。


スカンセンの後は同じユールゴーデン島にある
大好きな場所へ
d0008306_1613731.jpg
滞在中、何回行けるだろうかと
思うくらい大好きな場所
*ローゼンダールガーデン*
でも、今回は滞在日数が少ないので1回のみ(涙





d0008306_16213636.jpg
ランチに合わせて行ったので
すぐ、カフェに直行です


d0008306_16224688.jpg
この時はあまり混んでいませんでししたが
直後、スゴイ列!


d0008306_16231173.jpg
サンドウィッチ、ガスパチョ、サラダ(魚or肉)


d0008306_16234551.jpg
こちらもいつもと同じサラダと白ワイン
エビとクスクスのサラダ with アボガドディップ
ややパンチに欠けたお味
だから、写真もイマイチ(←言い訳:汗


d0008306_16334127.jpg
ほとんどのお客さんが
りんごの木の下で休んでいて


d0008306_1631658.jpg
私たちももちろんそうしていたら
フランス語を母国語とする家族が相席を求めて来て
その娘さん、ステキでしょ〜〜*
(↑空を撮るふりして娘さんもパチリ)


d0008306_1659597.jpg
犬と赤ちゃんも一緒*


d0008306_16364639.jpg
ランチを目の前にして
私が写真を撮りまくって
ひと通り終わって夫の方を見たら
まるでランチョンマットのように紙ナプキンを敷いて
大人しく待っていました(大笑


d0008306_16402579.jpg
こちらではランチの後はお茶もして
ゆっくり過ごしたいので少し散歩


d0008306_16424348.jpg




d0008306_16432180.jpg




d0008306_16434938.jpg




d0008306_16443815.jpg




d0008306_16415420.jpg




d0008306_16465581.jpg




d0008306_16473788.jpg




d0008306_16472031.jpg




d0008306_16544250.jpg




d0008306_16551741.jpg




d0008306_16554449.jpg




d0008306_16562870.jpg




d0008306_16565646.jpg
蜂だらけの花を撮ろうとしたけど写らず(汗
蜂が多いのは素晴らしいと思う。
こちらはもちろんオーガニック。


d0008306_16572295.jpg
公園内を軽く一周してお茶の時間。
カフェ内でもリンゴの木の手前でも
コーヒーは買えるのですがどちらも長蛇の列。
スカンセンにしてもこちらにしても今までにない光景。
「きっと、昨日雨だったので、来れなかった人が今日来てるんだよ」と
勝手に分析。私たちもそうですから(笑



d0008306_16581260.jpg
そしてこの光景を目に焼き付け
ヘルシンキに移動のため中央駅に
なんの不安も抱かず、、のんきに向かったのでした。


ストックホルム中央駅で今までにない最大のピンチ!

朝、中央駅のコインロッカーに荷物を預けて、3時過ぎに
私たちが入れた場所に行って開けようとしても開きません。
近くの駅員さんに聞いても分からないと言います。
インフォメーションを探しても焦っているので見つかりません。
で、、、同じく困っているようなお嬢さんを発見!
その彼女は現地の人のようで
そのコインロッカーの管理会社に電話をしてます。
で、藁をもすがる思いで私たちも困っているとお願いして
私たちの事も一緒に会社に伝えてもらいました。
そしたらすぐ係員が来てその彼女の件は解決。
(彼女は上手く入れられなかったようです)
そして私たちの番、、、まず、入れたロッカーのNo.を聞かれ
マスターキーで開けてそれは私たちの荷物か聞かれます。
「違う」と言ったら、その係員は『じゃぁ、知らない』と言います。
『レシートは?』「ない」『じゃぁ、知らない』
違う荷物が入っているという事は、私たちの荷物は???
誰かが持って行った????
ハンガリー、スウェーデンで買ったものは
全て=====パァ===??(失神寸前
でも、パスポートとe-チケットは持参していたのでまだ救われました!
だけど、だけど、だけどぉおおおおお=========。
その後、何を聞いても
『No!』か『I don't know! 』
「私たちは警察に行った方が良いか」と何度か言ったら
係員は突然表情も変えずに
『バッグの色は何色?何が入っているの?』
「黒、洋服」
『こっちへ来て』と管理会社のドアの前まで連れて行かれました。
『ここで待っていて』
私はそれまでアドレナリンが↑↑↑↑↑↑↑↑だったのですが
急にアドレナリンが↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ドアの前でへたってしまいました(血圧下降
待つこと数分、、、、、
あ””====出て来たのは私たちのバッグでした。
・誰も私たちの荷物を持っていかなかった
・近くにいたお姉さんのおかげ
これらのコトも戻って来た要因の一つです。
きっと5分程度のやりとりだったのかもしれませんが
とてもとても苦しい長い時間のような気がしました。
要するに、私たちの預け方が悪かったのです。
荷物を入れて中央のモニターでお金を入れレシートを受け取り
開ける時はレシートに印字されている番号をモニターに入れる。
従来のお金を入れて鍵を回してガチャンという単純なものではない。
今年から場所も少し移動してコインロッカーのタイプも
ただコインを入れるものから変わっていて
預けたときもこんなんで良いの??と
しばらく経ってから一抹の不安が胸をよぎり
夫に「ドア空かない事、確認したよね?」『うん』
::::::::
教訓:念には念を!!
あのコインロッカー、難しい事は確か。
立ちすくんでいる人多かったもの。
だけど、私たちのミスというのは確かです。
似たコインロッカーがあったら練習です。
(三越の近くのコインロッカーにもモニターあったけど)
最大のピンチを脱出して
アーランダーエキスプレスに乗り
ヘルシンキ行きの飛行機にも無事に乗れたのでした。



[PR]
by fuchsia0801 | 2010-08-17 18:08 | 旅行
<< '10 いつもと変わら... '10 今年のストック... >>